人探しにも利用出来る情報共有サイト

人探しにも使える情報共有サイト活用方法

登録する情報を多くすることで、人に見付けてもらう、人を見付ける

某有名テレビ番組でソーシャルネットワークサービスを使った人物情報を集めていた外国の方が、30年前に生別れた兄弟を見付けたといった話を放送していたのを見たことがあります。

 

人探し、事件性がなく警察などの公共機関に捜索してもらうことができない行方不明者は多く、日本にも事件性に関係ない行方不明者は数万人にも及ぶといわれています。

 

事件性と話に出ていますが、ここで話をする行方不明者とは殺人、誘拐、生死不明を除いた行方不明者のことで、家出をしている、または何年も音信不通で連絡を取ることができず、どこで暮らしているのかもわからないといった人を探す方法として探偵が行う人探しなどがあります。

 

最初に述べたようにネットワーク網が世界中に巡り、世界の裏側にいる人間とも簡単に連絡を取ることができるようになった昨今で、人探しの情報をネット上で共有し、ソーシャルネットのサービスを人探しのツールとして利用する人も増えてきました。

 

このサイトでは、それらネット上での情報共有の方法から、情報共有時の注意点、ソーシャルネットのツールとしての利用方法について簡単に解説を行うサイトです。
人探しのために利用することができるサービスについても詳しく詳細を解説をおこなっていきます。

ホーム サイトマップ